イベント研究所
イベント制作会社によるプロの視点からの催事レポート風ブログ。話題のある、プロとして見てみたいイベントを勝手に視察し、お客様が本当に楽しめ、満足できるイベントを研究。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第46回ゴルフ日本シリーズJTカップ レポート ②
2009年12月17日 (木) 15:32 | 編集
12月3日(木) 大会初日

天候:雨(前年:晴れ) 
気温:8度(前年:16度、平年:9度) 
来場者数:3,026名(前年:5,010名、前年比:60.4%)


ポイント:雨対策


悪天候のため来客数は少なめの大会初日。

今大会最大の注目は、最終戦までもつれた若手二人による賞金王争い。
賞金獲得トップの石川遼選手と二位の池田勇太選手の熾烈な争いが期待。

er02_29.jpg er02_30.jpg

一般のギャラリーに混じり、最寄駅である小田急線新百合ヶ丘駅発の
シャトルバスに乗車。
およそ一台に40人前後は乗っていた。

約10分程して会場に到着。
案内員に誘導され会場内に入ると、
まずはクラブハウス前の飲食出店を目にすることができる。
見渡すと、ギャラリープラザとJTプラザという看板が大きく掲出されている。
休憩場所としてはメイン所であり、昼食時などは混雑が想定される。

クラブハウス前の飲食出店は、建物の庇のすぐ下まで張り出している。
そのため、今日のように雨風がある天候では、並ぶのも大変だ。

近くに雨風を凌げる場所を探すと、JTプラザのテントが目につく。
早速、JTプラザへ移動。
巨大なテントタイプの施設なので、風で雨が多く吹き込むのが難点。
せっかく用意されたイスやテーブルも、
動線の関係上置ける半分ほどしか使えない状態だった。

er02_03.jpg er02_13.jpg er02_10.jpg er02_12.jpg er02_24.jpg er02_01.jpg


他に雨を凌げる場所を探してみると、一つあった。
JTプラザ奥で、打球練習場裏に位置するテントである。
イスとテーブルの他、ストーブも設置されており、
雨を防いで、暖を取りながら食事や休憩ができる。
しかし、充分な告知がないため閑散としている。
飲食出店が集まるクラブハウス前からは、多少距離があり、
案内看板も目立たなかった。
(下段中央の写真が、簡易テントの案内表示。)

また休憩という意味では、コース内4番ホール付近の「スモーカー」がある。
ここは喫煙場所として用意されたバスであり、愛煙家にはうれしいが、
非喫煙者用にも似たような設備がコース内に欲しいところ。


来場者が多い屋外イベントで、特に天候が読めない冬場では、
雨と寒さが凌げる場所が命題である中、
十分なスペースの確保および告知の面から課題の見える大会初日であった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。