FC2ブログ
イベント研究所
イベント制作会社によるプロの視点からの催事レポート風ブログ。話題のある、プロとして見てみたいイベントを勝手に視察し、お客様が本当に楽しめ、満足できるイベントを研究。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【就活中の方へ】部屋の模様替えとイベントを職業にすること
2012年05月24日 (木) 12:19 | 編集
続いて、イベントを職業にするための適性項目の2個目の説明です。



2)部屋の模様替えが得意、好き

部屋の模様替えをすると、心機一転します。
家具をあれこれ動かして、ワクワクしながらのイメージがあります。
終わってみると、見慣れた景色が新鮮に見えるのが楽しい模様替えです。

今回は、『楽しさ』や『新鮮さ』についてではなく、
『空間能力』が必要な適性として説明します。

ここで言う空間能力とは、

物事を立体的に想像できるか?

ということ。
いざ家具を動かしてみると、うまく収まらない・・・、
また何度も繰り返す方は適性が低く、
動かす前にイメージができて、収まりもぴったりの方は適性が高いと考えます。


では何故、

部屋の模様替えが得意 ≒ 空間能力がある ≒ イベント適性

であるのでしょうか?

イベントでは、何もないスペースに(障害物がある事も・・)で、
装飾物や備品を散りばめて、世界観を形成します。

レイアウト構成や平面・立面図で確認はするものの、
現場での調整少なくないです。

例えば、展示会では、”思ってたより狭いなぁ~”とのご意見や
予定していた什器・備品が全て入らないなどは日常茶飯事です。

紙の上だけでは、分からない(想像しきれない)部分が良くあります。


とはいえ、打合せした内容と全く相違するものが出来上がっては、
意味がありません。

ロケハンでのイメージ形成、図面を頭で立体化する力、
無駄を少なくし、効率を高める想像力など、
空間能力はイベントを行う上で、必須な適性だと言えます。

また機材の積み込み時でも、この能力が必要です。
収まりよく、かつ機材が破損しない(動かない)ように、
組み上げるのは、まさに空間能力と考えます。


どのようにすれば、身に付くのか・・・

○動かす前に、イメージしてみる
○色々なモノに、実際に触れてみる/計測する
○自分自身の固有な尺度を作る

以上の3点がトレーニングとして有効かもしれません。


”30センチ”と言われた時に、
大よその『30センチ感覚』があるのかどうか。

”A4サイズの紙を横したぐらい”
”手持ちのバッグの高さ/幅ぐらい”
”自分の握り拳~肘ぐらい”

など、意識してみると良いかと。



ご参考までに。


イベントの企画制作運営を職業にしてみたい方は、
弊社のリクルート情報をご参照ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。