イベント研究所
イベント制作会社によるプロの視点からの催事レポート風ブログ。話題のある、プロとして見てみたいイベントを勝手に視察し、お客様が本当に楽しめ、満足できるイベントを研究。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第12回民家園通り商店会 夏まつり ~アトラクション編~
2010年07月20日 (火) 11:45 | 編集
アトラクション実施内容は、昨年とほぼ同様でした。



祭りの始まりを知らせるのは、毎年恒例の『専修大学吹奏楽研究会』によるパレード。
会場最端の川崎信用金庫 登戸支店前でファンファーレからのスタートです。
小田急線沿線を通り、商店会をぐるりと一周していただきました。

パレード 専修大学吹奏楽研究会



続いて、小田急線の踏切付近から『江戸歌舞伎連』の阿波踊りが続き、

パレード 江戸歌舞伎連


民謡流しの『芹田八重子社中』が人数を増員しての練り歩きがありました。
暑い中、音響台車の音が出なくて、ドキドキさせてしまいました・・・
申し訳ない!

パレード 芹田八重子社中


---------------------------------------------


パレード後、最初の出演は『都立深沢高校和太鼓部-深沢組-』 。
小田急線踏切前で和太鼓を華麗にかつ力強く奏でてもらいました。

アトラクション会場B 深沢組


こちらは通称”アトラクション会場B”といい、
祭りの中心エリアであり、かつ電車からも良く見える場所です。
大勢の観客に囲まれて、かなり賑やかに進行しました。

その後の出演は、『菅ソーラン踊り隊』『鳴子おどり好舞会』
地元中心に活動するヨサコイ系の舞踊団体が、各2回ずつ踊りを披露していただきました。
また合間を縫って、パレードに参加いただいた『江戸歌舞伎連』が再登場するなど、
和のテイスト満載の演目が、次々に展開されました。

アトラクション会場B 菅ソーラン踊り隊 アトラクション会場B 鳴おどり好舞会


---------------------------------------------



通称”アトラクション会場A”では、継続出演数が最多と思われる
『長尾こども太鼓』が商店街のダイエー側入口で
こちらは可愛らしく、かつ楽しく太鼓を披露してくれました。

こちらの会場は、商店会の模擬店が軒並び、通過するのも大変な混雑エリアであり、
アトラクション演目は絞り込まれ、特にお子様中心に楽しめる構成となってます。
その他としては、ベテランパフォーマー『エディー』さんが、2セット行っていただきました。
シガーボックスなどの妙技を披露しつつ、流石の展開で、子供たちを魅了してました。

アトラクション会場A エディー


---------------------------------------------





もう一つのアトラクション会場である川崎信用金庫登戸支店前での”ミュージックライブ”。
昨年から設置されたプロミュージシャンの演奏会場です。
川崎市を中心に活動している方々で、祭りを盛り上げていただきました。
今年の出演数は、全部で5ユニット。


先陣は、超地元のアコギでロックを奏でる『マサツーセッツ』の皆さん。
アコースティックギターを片手にもった男3人組ユニット。
アコギと言えどもボリューム感があり、ツインボーカルも利いてるバンドでした。
逃した方は、『サマーミュージアム』にも出るらしいので要チェックです!

ミュージックライブ マサツーセッツ



続いては、『谷口崇』さんのユニット。
今回は、サックス奏者を従えてのユニゾンやカウンターが利いてるセッションで、
とにかく、谷口さんの歌声が高い!
声が楽器になれる数少ない方ではと思います。
宮前区在住らしく、リハ後に一度家に戻って英気を養ってきたようです。

ミュージックライブ 谷口崇



3組目は、結成して間もない『東京ジャングルコンクリート』の臨時編成版。
通常は3人構成の所、今回はヴォーカルとアコギの編成で、歌を聞かす構成でした。
ヴォーカルのMATOOさんは元・宝ジェンヌらしく、さすがに腹から声が出てる感じで、
音量があり、しっかり歌を届けていただきました。

ミュージックライブ 東京ジャングルコンクリート



4組目は、川崎市の一押しバンド『ちょっきんず』。
川崎を中心としたローカルメディア露出では、随一を誇る3姉妹バンドです。
楽しさが会場を包み込み、和やかな雰囲気のライブでした。
口ずさむ方や聞き入る方もいたりして、ファン層が広がってる印象を受けました。
川崎の歌は、市の公認みたいです。

ミュージックライブ ちょっきんず



トリを飾るのは、昨年同様の『奥村慎也』さん。
地元在住で、真田幸村を愛し、かつ札幌のJリーグチームの応援ソングを、
川崎フロンターレさんの前で歌い、ジャニーズばりの団扇パフォーマンスを見せてくれました。
さすが!と思わせる安定した内容で終始盛り上げていただき、アンコールもあるなど盛況!
奥村さんは、ミュージックライブのMCの大役もこなす、多忙な1日でした。
お疲れ様です!!

ミュージックライブ 奥村慎也



ミュージックライブのフィナーレをどうするかは、勢いと現場合わせでしたが、
近くいた出演者の方々で『世界に一つだけの花』を熱唱して終了しました。

ミュージックライブ フィナーレ


出演いただいた皆さん、お疲れ様でした!!!
また来年もよろしくお願いします。


By M.N
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。