イベント研究所
イベント制作会社によるプロの視点からの催事レポート風ブログ。話題のある、プロとして見てみたいイベントを勝手に視察し、お客様が本当に楽しめ、満足できるイベントを研究。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目標を達成するための必要なこと①
2012年04月12日 (木) 15:13 | 編集
長らくお待たせをしております。

イベントの作り方の第2弾です。
成功に導くために必要な事、基本的な事を書いてみます。
今回は3つの管理に関して、ざっくりと。


まずはスケジュール管理です。
意外と『管理』というと出来ないのが日程調整です。
ですが、スケジュールを関係各位と共有しているのと、
いないのでは雲泥の差があります。

最初に必要なのは、イベント実施日まで何日あるのか?です。

一週間?一ヶ月?三ヶ月?半年?2年後??

この期間によって、できる事が変容してきます。

スケジュールの大切さは、また別の機会にじっくりと。




次に組織体制を作ること、いわば人と責任の管理です。
よくこれが大小イベントを問わず、役割分担表を作成します。

また体制・役割を決めたら、進捗共有の場の頻度ある設定と
最終判断する責任者の明確化が必要です。
この責任者が誰なのかが、不透明なままだと、
180度の変更や直前での突貫工事が発生する場合があります。
責任者は、目標と目的をしっかり把握している方であり、
イベントの色を統一する方でもあり、キーマンです。
キーマン不在のイベントは、成功しないと言っても過言ではありません。



最後は、予算管理です。
基本的かつ重要なポイントです。

収支のあるイベントでは、特に出る金と入る金を読み違うと、
大きな赤字にもなりかねません。

良い予算計画とは、全体の8割ぐらいで収めるようにすることです。
これは、当初設定枠の8割程で進行し、余裕がある状態を作ることです。
イベントは、直前で変更や追加が良くあるものとの認識を持ち、
削る所は削り、8割キープを目指してみてください。



以上で、『目標を達成するための必要なこと』の①を終了します。
近日、②を公開します!



イベント設計
イベントコンサルティングは、イベント エーキカクHPをご参照ください。
スポンサーサイト
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。