fc2ブログ
イベント研究所
イベント制作会社によるプロの視点からの催事レポート風ブログ。話題のある、プロとして見てみたいイベントを勝手に視察し、お客様が本当に楽しめ、満足できるイベントを研究。
目標を達成するための必要なこと②
2012年06月27日 (水) 14:10 | 編集
不定期連載の『イベントの作り方』の第3弾。
『目標を達成するための必要なこと②』です。


前回は、3つの管理に関してお伝えしました。
管理だけではイベントはまわらないため、
今回は、円滑に進行するための『心意気』をざっくりと書いてみます。


1つ目は、弊社理念にもある
クライアント第一
心意気に関してです。

クライアントの意見に流される『イエスマン』についてではないので、
語弊がないようにお願いします。

クライアント第一とは、
相手(お得意先・依頼先)を良く理解する
ことを意味します。

それぞれの置かれた状況を理解する事が、
円滑に進めるために必要な要素と考えます。
当たり前ですが、ここでの気の使い様がイベント設計には欠かせません。


まず、相手の求めるもの、譲れないもの、
またその順位をはっきりさせること。

例えば、あるイベントで、装飾とタレント招聘にお金がかかる場合、
この2点を頑張ると、予算にハマらない場合があります。

そこで、装飾のどの部分を気にしているのか、素材なのか、
大きさなのか、デザインなのか、または演出上のライティングなのか、
またタレントに、どんなイメージを求めているのか、何をしてもらいたいのか、
などなど、各ポイントごとにガイドラインを立てて、
優先順位を付けられれば調整しやすく、代案も立てやすいです。



次に、相手の時間感覚を受け入れて調整すること。
よくある話で、”明日の○時までに・・・”の依頼を受けたのに、
返答が1週間以上経っても来ないことがあります。

クライアントとしては、急ぎには変わりがないのですが、
結果として戻るのは諸々の調整後の場合があります。

スケジュールを組む際も、提案後から決定日までを
【通常感覚】ではなく、【クライアント感覚】に
予め設定しておくと、お互いストレスフリーになります。


以上が、ざっくりとした心意気の1つ目です。
『クライアント』との言葉を使用しておりますが、
これは教育機関であれ、非営利団体であれ、
商店会の会合であれ、社内の上申であれ、
必要な心意気だと思います。


そのような心意気をもって仕事をするイベント エーキカクは、
イベント企画イベント制作イベント運営を行っております。
興味のある方は、クリックお願いします。
目標を達成するための必要なこと①
2012年04月12日 (木) 15:13 | 編集
長らくお待たせをしております。

イベントの作り方の第2弾です。
成功に導くために必要な事、基本的な事を書いてみます。
今回は3つの管理に関して、ざっくりと。


まずはスケジュール管理です。
意外と『管理』というと出来ないのが日程調整です。
ですが、スケジュールを関係各位と共有しているのと、
いないのでは雲泥の差があります。

最初に必要なのは、イベント実施日まで何日あるのか?です。

一週間?一ヶ月?三ヶ月?半年?2年後??

この期間によって、できる事が変容してきます。

スケジュールの大切さは、また別の機会にじっくりと。




次に組織体制を作ること、いわば人と責任の管理です。
よくこれが大小イベントを問わず、役割分担表を作成します。

また体制・役割を決めたら、進捗共有の場の頻度ある設定と
最終判断する責任者の明確化が必要です。
この責任者が誰なのかが、不透明なままだと、
180度の変更や直前での突貫工事が発生する場合があります。
責任者は、目標と目的をしっかり把握している方であり、
イベントの色を統一する方でもあり、キーマンです。
キーマン不在のイベントは、成功しないと言っても過言ではありません。



最後は、予算管理です。
基本的かつ重要なポイントです。

収支のあるイベントでは、特に出る金と入る金を読み違うと、
大きな赤字にもなりかねません。

良い予算計画とは、全体の8割ぐらいで収めるようにすることです。
これは、当初設定枠の8割程で進行し、余裕がある状態を作ることです。
イベントは、直前で変更や追加が良くあるものとの認識を持ち、
削る所は削り、8割キープを目指してみてください。



以上で、『目標を達成するための必要なこと』の①を終了します。
近日、②を公開します!



イベント設計
イベントコンサルティングは、イベント エーキカクHPをご参照ください。
イベントを作る前に目的と目標を整理
2011年04月01日 (金) 18:05 | 編集
イベントの作り方 その第1弾です。
不定期に更新、加筆する予定です。
対象は、ゆるい範囲で一般の方に設定し、ゆるくやっていきたいと思います。


初回テーマは、どうやってイベントを作るのかを、
ざっくり解説して参ります。


まず、イベントをやりたい!と思ったアナタは、

『目的』と『目標』を整理してみましょう。


目標と目的が、よく一緒の意味合いとして使用されますが、
イベントやマーケティングに関わる方は、
別々に考えるようにしましょう。



『目的』とは、理想のゴールです。
イメージや雰囲気な言葉でOKですし、
「こんなイベントにしたい」っと言った願望・希望が目的となります。


例えば、

○近所の方と交流を深めたい
◇仲間同士の絆を構築したい

みたいな【どうしたいのか】が目的となります。



ちなみに、企業が行うイベントや販促展開でも、
「新商品を20代の男性会社員に試してもらいたい」
と言った目的が設定されるのが、一般的です。
この場合は、きちんとターゲット(対象者)も表現してます。



続いて『目標』の設定です。
目標は、評価する際の基準値です。
数字で表すことが多いのも、成否が分かりやすいからです。

例えば、先述の例でいくと、

○ご近所の5家族以上を呼ぶ
◇来た人全員がメアドを交換する

イベント後に、「何となく良かった~」よりは、
「目標だった5家族には至らなかったけど、みんな楽しんだから成功!」
っと言った方が分かりやすいです。



実際、イベントは、物理的・心理的な評価があるため、
成功か失敗が分かり難い事があります。


例えば・・・

1万人収容する会場で、3千人の来場では失敗の烙印を押されそうです。
しかし、目標が『売上1億』で、その3千人で2億売り上げたら、大成功でしょう。

また8千人収容のイベントで、1万5千人が来場したけど、
アンケートの9割が苦情や酷評だったら、失敗かもしれません。




見た目や雰囲気も大切ですし、来た方がどう感じたのかも重要です。
様々な要素がイベントの成否を決定します。
そのため、目的と目標をしっかり定めることが、
イベントを作る上での第一歩となります。




次回は、達成するためにはどうするかを段階的に、説明していきたいと思います。(未定)






↓イベントの設計についての弊社HPもご参照ください。

イベント設計
Powered by . / Template by sukechan.